深き海より、蒼き樹々の呟き

by 深海 蒼樹(ふかみ そうじゅ)

*

村上春樹『風の歌を聴け』の英訳本発売

      2015/09/10

wind_pinball

There’s no such thing a perfect piece of writing. Just as there’s no such thing as perfect despair.

 以前に書いたように(『風の歌を聴け』の第1章について)、村上春樹は『風の歌を聴け』の英訳版を以前に日本国内で出版していたにもかかわらず、その海外での販売を認めてこなかった。実質のところ、英語で『風の歌を聴け』を読むことは不可能であったわけだ。
 このたび、かねてからの予告通りTed Goossenという翻訳家の手によって、新たに英訳し直された本が出版された。そして、その本が、今、僕の手に届いた。
 著者自身の、”THE BIRTH OF MY KITCHEN-TABLE FICTION: AN INTRODUCTION TO TWO SHORT NOVELS”と銘打ったまえがきは、Amazonの「なか見検索」でひと足先に見せてもらった。
 わざわざ、”Short Novels”と書かれていて、春樹氏のこだわりというか、まだ残っているのかもしれないわだかまりというか、英訳本出版に対する抵抗を垣間見たような気持ちもする。

 『風の歌を聴け』と『1973年のピンボール』という二つの小説を、ひとつの本にまとめてしまったのも、春樹氏の提案だったんだろうか?
 まえがきにもあるように、春樹氏自身が小説と呼べる小説は、『羊をめぐる冒険』以降だと述べている。
 けれど、なんども言うが、『風の歌を聴け』という小説は、いい小説だ。それが、英語圏の人々にというか、あの時代の空気を共有しない人々がどう受け止めるのか、僕には興味深くて仕方ない。

 『風の歌を聴け』については、あらためて、書こうと思う。
 いや、書いてみたいというか、書きたいのだ。僕のなかに、なにか言い残したような、不思議な感覚があの小説に対してはある。

 とりあえず、本が手元に届いたうれしさだけで、書いてみた。

 「完璧な文章などといったものは存在しない。完璧な絶望が存在しないようにね。」

 その小説は、完璧な出だしではじまっていた。
 そしてその小説をはじめて手にした夏、僕は予備校に通う19歳で、ひと足先に短大に入ったとびっきり可愛い彼女がひとりいた。

 - , 村上春樹 , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

『風の歌を聴け』の第1章について

 村上春樹は、『風の歌を聴け』の翻訳を、許可していない。厳密に言えば、はるか昔、 …

no image
神戸を歩きながら、デタッチメントもしくは村上春樹について考える2

 元町の商店街を抜けて、三宮に向かいつつ、北へ北へと歩いていく。どの地点からとい …

『思考する機械 コンピュータ』(ダニエル・ヒリス著)を読みはじめたら、『痛快!コンピュータ学』(坂村 健)を読み返したくなった

 名著と呼ばれている、古典的な著書であるらしい。  僕は、小飼弾氏のブログの石の …

『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』の、ごくごく短い感想以前の話

   仕事を終えて、夜中の12時近くに帰宅すると、テレビニュースでは、店に列をな …