深き海より、蒼き樹々の呟き

by 深海 蒼樹(ふかみ そうじゅ)

*

僕がfacebookをつづける理由

      2013/09/11

 つい最近もfbつながりの友達が、こんな英文をシェアしていた。
 Done is better than perfect.
 僕なりに意訳すると、
 完璧さにとらわれすぎて何もしないより、とりあえず、始めてみた方が絶対にいい。

 僕のfb友達は、常に僕の背中を押してくれる。何もしないより、した方がいい、と。
 本当にしたいなら、グズグズと、やらない理由を探さずに、さっさと始めなよ、と。

 僕は、現在49歳である。
 ある意味、あきらめることで、随分と生きやすくなったというか、楽になったところもある。所詮、僕なんて…と自分に過分な期待をしないことで、いくつかの呪縛から解放され、大らかさを身につけることができたかもしれない。
 しかし、逆に、あきらめなければならないと決めつけていたことが、実は単なるやらないための言い訳だけで、あきらめる必要などないことに気づいたりもした。

 たとえば、僕が短編小説をひとつ書き上げたいと思ったとしよう。
 まず書き始める前に、僕は、グズグズと考えるわけだ。
 たとえ出だしが書けたとしても、きっと最後までは書き切れるはずがないとか。
 よしんば書き上げれたとして、誰がそんなものを読みたいと思う?とか。
 でも、最後まで書き切れるかどうかは、書き始めてみなければわからない。
 そして、誰も読まないような代物かどうかは、書き上げてから判断すればいい。
 更に、僕が短編小説を書き上げようが、はたまた途中で投げ出そうが、どちらにしても誰にも迷惑をかけるような話ではない、ということだ。

 だったら、書き始めればいい。
 という単純なことを、なぜだか、fb友達はいつも僕に教えてくれる。ここにいれば、不思議にも、みんなが背中を押してくれる。
 やらないという選択をしようが、やるという選択をしようが、どっちでもいいけど、どうせなら、やってみたら?
 みたいな感じで。

 - 雑感

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

no image
これからの僕について

 初めに断っておくけど、僕は1963年生まれで、来年には50歳の大台に乗ることを …

no image
文字になり、カタチになるまでは、それは単なるアイデアにすぎないという話

 先日というか、今月のはじめに、3日つづけてこのブログの更新をして、4つの記事を …

no image
今日は何の日だっけ?

 今年はというか、今年も、1月から1年がはじまったわけなんだけれど、4月というの …

no image
三振なんて怖くない

 僕ら1960年代生まれは、所謂、野球世代と呼んでいいんだろうな。『巨人の星』と …