深き海より、蒼き樹々の呟き

by 深海 蒼樹(ふかみ そうじゅ)

*

『たとえばぼくが死んだら』…

      2015/06/05

 奈良美智が、自身のブログで、森田童子の『たとえばぼくが死んだら』を少し変えて、載せていた。
 全文を見たい方は、こちらをどうぞ。奈良さんのブログページです。

 奈良さんのブログに載せられた歌詞にしろ、森田童子のオリジナルの歌詞にしろ、僕が不意を衝かれたフレーズ、冒頭の一節は、こうだ。
たとえば僕が死んだら
そっと忘れてほしい
淋しい時は ぼくの好きな
菜の花畑で 泣いてくれ

 誰もが、誰かに自分のことを覚えてほしいと強く願うはずのところを、頭から、忘れてほしいと、きみは歌う。
 なんだか、その潔さが妙に見事に突き刺さったのは、僕が未練がましいせいだろうか。

 そして、もうひとつ、心にひっかかった一節。

たとえば マッチをすっては かなしみをもやす
このぼくの 涙もろい
想いはなんだろう

 僕も、知りたいよ。
 加えて、僕は、なぜに、こんなにも涙もろいのか?

 だから、もう一度、唄っておくれ。

このぼくの
 涙もろい
 想いはなんだろう
 そして、
ぼくが死んだら
 そっと忘れてほしい


 - 好きな曲 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

no image
またしても、西野カナの『会いたくて、会いたくて』にはまる(男性 50歳)

 どうしたわけか、またしても、はまってしまった。  車のオーディオでは、リピート …

音楽が途切れたあとの静けさの中で

 今日は朝から、溜まりに溜まったRSSの記事を処理していた。興味の薄いものはスル …

スガシカオの『そろそろいかなくちゃ』にグリップされた日々

 またしても、唐突に、今はこの曲にはまってるんだよ、と、語ってみたくなったのが、 …

聞いて好きになる曲、歌って好きになる曲(くるりの『奇跡』をめぐって)

 このブログの数少ない読者なら、うっすらとは覚えてくれているかもしれない。  ふ …