深き海より、蒼き樹々の呟き

by 深海 蒼樹(ふかみ そうじゅ)

*

抱きしめること、もしくは、触れることについて

      2013/10/16

 僕の娘は、はや高校生になってしまって、ずいぶんと長い間娘を抱きしめた覚えがない。じゃれ合ってスキンシップたっぷりに遊んでいたのも、小学生までだったように記憶している。
 まぁ、でも、子供とはそんなもんだろうな。特に、女の子だしね、今では、こっちの方が気を使ってしまう。
 無遠慮に、なんの躊躇もなく、スキンシップしてられた期間なんて、今になって振り返ってみれば、ほんとに短い時間だったように思う。

 僕は、娘を抱きしめるのが、好きだった。
 でも、あれはきっと、僕は娘を抱きしめるふりをして、ほんとうは娘に抱きしめてもらっていたような気がする。

 我が家では、娘が小学4年生の頃から、猫を飼いはじめた。今では娘の代わりに、僕は、時折、その猫を抱きあげる。
 飼いはじめの頃は、みんながよってたかって抱きあげたものだけれど、今では、わざわざ猫を抱き上げるものもいなくなってしまった。僕と、そして、娘が時々、抱きあげてやっている。猫自身がそれを喜んでいるのかどうかは、わからないけれど。
 猫のそのわずかな重みを通して、僕は、それがまぎれもなく生き物であることを実感する。時に、その温もりや重みが、僕を落ち着かせてくれて、癒してもくれる。
 それは、生き物がもつ、もしくは、同じ哺乳類の動物がもつ、あたたかみなのだ。

 最近、僕は思う。
 日本には、ハグっていう習慣はないけれど、あれって、いいことだよね、って。
 日本人にとっては、ハグが色々な意味合いにおいて難しいのであれば、それは、握手でもいいのかもしれない。
 そういう風習をもった外国の人たちというのは、ただ見るだけではなくて、実際に相手に触れることで、相手も同じ生き物であり、人間であることを確認しているのかもしれない。もしくは、相手が人間であるように、自分も人間であることを、相手に伝えているのかもしれない。

 なぜなら、人は、簡単に、相手も自分と同じ人間であることを忘れてしまうから。
 自分と同じように傷つきやすく、脆い心をもった人間だということを忘れ、過剰にイラつき、必要以上に相手を攻撃したりする。
 そのことによって、相手が、何を感じ、どう傷つくのかを、想像する余裕もないままに。

 だから、抱きしめ合い、手を握ることで、確かめ合った方がいい。
 確かめ合ってから、話し始めればいい。
 なんだか、そんなことを、やけに思いはじめている。

【追記】
 つまらない話だけど、ずっと昔、初めて女の子と手をつないだとき、僕はその手の小ささに驚いた。
 同い年の彼女だし、ずっと対等に話をしてきたし、幼い頃からずっと一緒に歳を重ねてきたし、同級生の中では身長だって高いほうだったし。
 でも、実際に、その手に触れてみれば、その手は僕よりもずっと小さかった。そばにいたのに、彼女のことが大好きだったのに、僕はそのことに、彼女と手をつなぐまで気づきもしなかった。
 僕は、なんだか、彼女にすごく申し訳ない気がしたことを覚えている。

 - ひとりごと

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
もしもあながたペーパーバックを丸々1冊読んでみたいと思うなら(2)(もしくは、僕が娘にこっそり伝えたいものシリーズ)

コラム  この記事は、もしもあながたペーパーバックを丸々1冊読んでみたいと思うな …

ふがいない僕は、真夜中に背中を丸めて、大きな溜息のような息を、ゆっくりと注意深く吐き出す

 iPhoneにイヤホンジャックをつないで、かれこれ2時間以上音楽を聞いている。 …

no image
『間違ってもいいよな』ってことを、1000円のカクノから学ぶ日々について

 どうでもいいことを、好きなように覚え書きしておきたいという衝動が抑えきれずに、 …

no image
さてさて、肩の力を抜きつつも…そろそろ、いかなくちゃ

 あれよあれよという間に、8月が終わろうとしている。自室の小さな作業机に置かれた …