深き海より、蒼き樹々の呟き

by 深海 蒼樹(ふかみ そうじゅ)

*

はじめて、1ヶ月

      2013/09/11

 このブログもおかげさまで閉鎖することなく、なんとか1ヶ月が過ぎた。ブログ歴としての1ヶ月なんて、大した時間の長さじゃないと、僕自身も思う。思うんだけれど、ごくごく私的なこの僕の1ヶ月にかぎって言うなら、それなりに長い1ヶ月でもあり、なんとか乗り越えてきた1ヶ月でもあった。

 そもそも、ブログの開設は、文章を書きたいという欲求と、ところで、ウェブっていったいどういう仕組みになってるんだろう?っていう疑問を解きたいという好奇心から始まったんだけど、やっぱりなかなか文章って書けないよね。

 ウェブについては、今もわからないことだらけだし、WordPressとか、固定ページとか、SEOとか、インデックスとか、pingとか、PHPとか、でも、まぁ、いろいろと調べるのは面白いし、自分のブログのためにってことで調べるのは、ただ単に好奇心で調べるのとは真剣味が違うし、それはそれで楽しみながら進めている。
 あとは、アクセス数を気にかけてる自分がイヤになるんだけど、イヤになりながらもやっぱり気にしてる。時々、Google Analyticsなんてなければいいのにと思うし、じゃあ、レポートをチェックしなけりゃいいじゃんとも思うんだけど、とりあえずは、見てしまう。『あっ、今日もゼロじゃん』…、みたいな。1件アクセスがあったんだって思って、よーく思い出したら、自分でアクセスしたんだった…、みたいな。

 文章を書くこと自体は、好きな方だと思う。いや、好きなんだろうな。
 うまくいけば(うまく書ければ)、僕は自分が思ってたよりもずっと、遠くまで行くことができる。そして、自分が予想もしていなかった世界に、入っていくことができる。しかも、その世界を思いのままに動かすのは、僕自身なわけで、気持ちよくないはずがない。
 しかしながら、多くの場合、そう簡単に、うまくはいかない。なぜなら、その言葉や物語を紡ぐのは僕なわけで、僕がうまくいかない以上、誰もうまくいかせてくれるはずもない。
 物語は進まないし、登場人物は、誰もなにも言わないし、目の前のモニターは、ただただ白いままで、カーソルがいつまでも同じ位置で足踏みをしているように点滅しているだけだ。
 書きたいのに、書けない。そんな時間を、数えきれないほど、すごしてもきた。しかしながら、僕は、やはり、書きたいと思っているし、書くことが、好きだと思う。

 まぁまぁ、書ける日もあれば書けない日もあるよね、って感じで、肩の力を抜いて、つづけていこうと思う。
 今から楽しみにしているんだけれど、半年後の僕は、ここにどんなことを書くんだろう? 

 - 雑感

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

no image
傷つくこと、傷つけることへの、ほんのひとりごと(多少の反省をこめて)

 昔々、と言っても、今でもそう思っていることではあるんだけれど、人と人が暮らして …

no image
半沢直樹くん、倍返しも、10倍返しもいらないよ

 ドラマ『半沢直樹』が面白くて、都合で放送を見れないときには、珍しく録画までして …

no image
2013年、新年の挨拶みたいなもの

 明けましておめでとうございます。  無事に2012年を越して、新たなる年を迎え …

村上春樹では、泣けない

 最新作の書き下ろし、『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』が出版されて、 …