深き海より、蒼き樹々の呟き

by 深海 蒼樹(ふかみ そうじゅ)

*

大したことはなにもないけれど…57歳になりました

   

 今年も娘から誕生日プレゼントが届いた。ここのところ、「塩まくら」だったりちょっとしゃれっけのあるNIKE風にNEKOと書かれたTシャツだったりと、感心するくらいにがんばってくれている。
 実際にはどうだかわからないけれど、父親への誕生日プレゼントを選ぶために娘が貴重な時間を使ってあれこれと悩んでくれているのかと思うと、ただただ申しわけなさでぼくの胸はいっぱいになる。ぼく自身はここのところすっかりあきらめムードで、娘へのプレゼントはいわゆる「金ですませている」。まぁ、これで好きなものでも買って、って感じで。
 そう言えば、昔々、がんばっていた頃のぼくの記事もあった。僕と村上春樹と中学2年の娘へのクリスマスプレゼント
もうあの頃の無謀さはもちあわせていない。20代の半ばにさしかかろうという娘になにをプレゼントすればいいのやら、まったくもって想像もつかないくらいだ。たぶん、ぼくに想像できる範囲なんてたかがしれている。という自覚は少なくとももちあわせている。
 57歳になりました。自分でも57なのか58なのか不意に訊かれてもどっちか答えられなかったりするのだけれど、とりあえず、57歳が正解のようです。ほんとに冗談抜きでもう『還暦』が目の前です。ウソみたいだけど。
 世の中はアフターコロナということのようだけど、ぼく自身はアフター失神をどう生きていくかということの方が大事そう。なにごともほどほどに、水分をしっかりとることと長時間立ちっぱなしにならないよう気をつけること。『還暦』までは生き延びること。それが娘との約束でもあった………はず。
 さて、時間はたっぷりあったはずなのに、なんども書こうと思いながらも更新できなかったこのブログ。ぼくの『日常』が途切れていたわけでも欠けていたわけでもありません。あたりまえのことだけど。こうやっていつでも何度でも、仕切り直したようにまた書けるのがいいなと勝手に思っている。日記帳にこっそり書いておいてもいいんだけれど、意外とこの場所が好きなんです。自分でサーバー借りて用意してるだけだけど。
 58歳ですよ。あぁ、違う、57歳だった。ぼくなりにまた生きていきます。大したことはなにもできそうにないけれど。とにかく、57歳です、これから1年間は。

=====================================================

近頃は、窪美澄さん推しです。とくに、これ、よかったです。女の土下座をみごとに描いてます。

 - ひとりごと, 日記みたいなもの, 雑感 , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

no image
姥桜って、褒め言葉だって知ってた?

 とある友人の書き込みで、思いもかけず「姥桜」という言葉のほんとうの意味を知った …

自分のことは棚にあげて

 つい先日、樹齢千年と呼ばれる古い大ザクラを見に行った折に、高校生の娘とランチを …

no image
ゼルダ・フィッツジェラルドについて(5)

『世界ふしぎ発見』TBS 『グレートギャッツビー』の公開にあたって 先日(6月1 …

『こぴっと』は、『ちょびっと』ではなかったのか?

 タイトルの通りです。  いつもの、僕の勝手な推察と思い込みと勘違い以外のなにも …