深き海より、蒼き樹々の呟き

by 深海 蒼樹(ふかみ そうじゅ)

*

結局またしてもRollbahnダイアリーを買ってしまった2019年の秋

      2020/09/15

 正直なところ、来年のダイアリーをどうしようなんてことすらすっかり念頭になかったのだ。なぜなら、数年来ダイアリーを買っても長続きしない。もって半年、今年のなんてはじまり月の去年の10月を埋めただけで、ダイアリー上では今年にすらなっていない。そして、まぁ、もうダイアリーなんていらないよなというのが結論だった…はずだ。

 だいたい僕にはダイアリーなんてものは不向きなのだ。

  • 自分の書く文字が好きになれない
  • そもそもスケジュール管理しなければならないような日常を送っていない
  • 飲み会がない
  • 記録しておくような日常がない
  • デートがない
  • 友だちがいない
  • って、なんだかさびしい記事になってきた。

     そもそもRollbahnのダイアリーが10月はじまりなのがよくない。(以前の記事では10月はじまりだからいいって書いた気もするけど)いや、10月はじまりでもいいんだけど、8月の下旬あたりから発売しておいてダイアリーが10月はじまりなのがよくないのだ、たぶん。僕は毎年10月が待てずに勝手に9月のカレンダーを付け加えて9月からダイアリーを使用してきた。手に入った以上早く使いたいから。そして、そんなワクワクも数ヶ月もしないうちに僕の怠惰に負けてしまう。

     なわけで、もう一度言うけど、「もうダイアリーなんていらないよね」、っていうのが結論だったはずだ。
     にもかかわらず、RollbahnダイアリーのL版が一冊僕の手元にある。二階建てバスが表紙の一冊だ。

    2020Rollbahn_Diary

     相変わらず、自分の書いた文字を見ているとなんだかイライラするというか、気恥ずかしいというか、まったくもってワクワクしないのだ。自意識過剰なのはわかっているんだけれど、なんとも悪い意味で心がざわつく。
     そして、今年もはじめてしまったダイアリーをもつ生活が(なんて大げさな言い方だろう)、まったくもって長続きする気がしない。でもって、長続きしないことすら気にしていないといった感じなのだ。まぁいらなくなったらなったで使わなければいいだけのことだし、みたいなこの心の余裕はなんだろう? いや、これを心の余裕なんて崇高な呼び方をしていいんだろうか? いや、いいはずがない。これはただの無駄使いじゃないのか?

     無駄遣いになるかならないかは、今後の僕次第なのだ。

     いや、ちがう、ちがう、そもそも長続きしないことが前提だったはずだ………。って、たかだか一冊のダイアリーのことでなにをわちゃわちゃ言ってるんだろう。

     とにかく、というか、またしても僕はRollbahnに負けて買ってしまったのだ。そして僕はそもそもの目的はともかくRollbahnのダイアリーを手にして満足している。買っただけで読んだ気になる積ん読にも似た感情だろうか。いや、違うのかな…、違わないのかな…。
     どちらにしても、もう買ってしまったのだから仕方ない。1ヶ月つづくかどうかもわからないけれど、僕はRollbahnダイアリーがある生活をはじめる。(だからそんな大げさなことじゃないんだけど…)

    やはり来年(2021年)もRollbahnダイアリーを使うことにした

     - 文房具 , , , , , , , ,

    Message

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

      関連記事

    Rollbahan 2021
    やはり来年(2021年)もRollbahnダイアリーを使うことにした

     ひとつ最初に報告をしておこうと思う。昨年もダイアリーをどれにするか迷ったし、そ …

    no image
    2.0mmシャープペンシルと、苦闘する

     先日、ソーシャルで知り合った友人から、お土産として、シャープペンシルをもらった …

    Rollbahnダイアリーを3冊も買う

    今年(s019年)の記事はこちら結局またしてもRollbahnダイアリーを買って …

    no image
    『間違ってもいいよな』ってことを、1000円のカクノから学ぶ日々について

     どうでもいいことを、好きなように覚え書きしておきたいという衝動が抑えきれずに、 …