深き海より、蒼き樹々の呟き

by 深海 蒼樹(ふかみ そうじゅ)

*

今年も加藤はいねサンタが来なかった件について

   

 半分期待しつつも、半分は努めてあきらめようとしていたのだけれど、やはりと言うか、残念ながら今年もクリスマスに加藤はいねのブログが更新されることはなかった。
 前回の更新は、今年の2月だった。その時の内容によると、『主任』とやらに大抜擢されたらしい。そのせいなんだろうか、どうやら今年は2月の一作で終わってしまうようだ。
 でもまぁ仕方ない。主任なんだし、そうそうブログのことばかりも考えてられないだろう。今も『主任』でありつづけられているのか、早々とその地位を剥奪されたのかは、続報がないので確認のしようがない。

 新作は出てこないけど、なんて言うか、頭のなかなり心のなかはもういつ加藤はいねがきてもいい状態なわけで、これはもう旧作でもいいんで加藤はいねを読まないと気が済まなくなって、前作を読んだ。
 すると、油断していたせいだろうか、最初の一行で吹いて死んだ。
 前作の冒頭をみんなは覚えているだろうか? 覚えていてももう一度読んでほしい。思い出すのと、あらためてその冒頭を読むのでは違う気がする。その爆発力が。

こんにちは、ファンキーじゃない方の加藤です。

 ファンキーな加藤さんにとっては早く消し去りたい過去にちがいないけれど、だめだ、ジワジワきすぎて腹筋が笑う。
 あまりに一行目が強烈すぎて、次の行に進めないくらいの破壊力だ。
 この冒頭一行目の余韻にひたりながら、次作を待つことにしよう。たぶん、あと1ヶ月ならこの一行でモチそうな気がする。
 けれど、言うまでもなく、新作がほどなく届くことを首を長くして待っている。

 《追伸》ファンキーな加藤さんは、その後どうしてるんだろう? 余計なお世話は百も承知だけど、ファンキーな加藤さんもファンキーでない加藤さんも、加藤さんでないファンキーさんも、みんなみんなどんなクリスマスを過ごしたんだろうね。お幸せに。

 - 加藤はいね, 日記みたいなもの , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

井戸に降りて水を汲む—書くという営みについて

 書くという作業について、もしくは、書くという営みについて、『暗い井戸の底に降り …

エレガントであることは、こんなにも強烈で力強いのか!—ルーシー・リーに打ちのめされた話

 それは、かれこれと、2年以上も前の出来事であった。決して、その作家が目的ではな …

no image
「寒くなると、古傷がうずくぜ」というのは、どうやら本当らしい

 昨日と言い、今日と言い、僕のお腹にある、胆嚢全摘出手術による全長18cmの傷が …

no image
猫の催促

 うちには、猫が二匹いる。  最初の一匹は、ペットショップでもらってきた。買った …