深き海より、蒼き樹々の呟き

by 深海 蒼樹(ふかみ そうじゅ)

*

なにかを成し遂げたいなら—才能、情熱、持久力、好きという感情—僕になかったもの

   

code

 またしても、どうでもいい話を書こうとしている。そういう自覚は、まだしっかりともっているつもりだ。これから書こうとしていることが、自分にとっても他人にとっても、さほど有意義なものでないことは、多少なりともわきまえているつもりだ。
 だったら書かなくていいじゃないかという話でもあるんだけれど、まぁまぁそう言わずに書くだけでも書かせておくれよ、っていう気分ではある。なんせ、月に1本の更新すらままならない状況であり、下書きだけは多少溜まっていくものの、成果物としては全然仕上がってないものだから。

 で、僕は、ふと考えた。
 なんでこんなにも、いろんなことがうまくいかないんだろうか?
と。
 勿論、人生に絶望しているとか、今日を乗り越えられないくらいに生活が窮しているとか、そういう深刻な話ではない。深刻ではないけれど、根の深い話ではある。
 少なくとも、僕自身が、いろんなことがうまくいってないと感じている。もしくは、今現在の自分のありようを、こんなはずではなかったと思っている。
 自分だけがひどく不幸だとは思っていない。にもかかわらず、僕は、今の自分が思っていたところに到達していないことにモヤモヤとした不満というか、消化不良感のようなものを感じている。そういう状態からの脱却なり脱出を試み、努力していないわけではないのにだ。

 だいたい、今年の誕生日ー僕は早くも52歳になったーはたと、僕は思ったのだ。今の自分に、自信を持って得意だと言えることってなんだろう? なにもないんじゃないか、と。
 いや、それとはちょっとニュアンスが違う。これまでの人生、楽器や自転車、スポーツ、プログラムや音楽、作文、いろんなことに手を出してはみたものの、なにひとつ長続きもせず、これと言ってものになったものもない。じゃあ、いったい、僕はなにが得意だったんだろう?
 なにに手を出せば、プロ並みか、いっぱしのレベルに達することができたのだろう?

 まぁ、正直言って、50歳を越えて言うようなセリフではない。なにに手を出せばって、好きなことに手を出せばいいのだ。これまでだってそうしてきたはずだ。まぁ、そうしてきた結果が現状であり、だからこそ、じゃあなにに手を出せばよかったのだろう? というセリフにつながっている。見事なまでの堂々巡りなわけだ。
 簡単に言えば、
 『才能』だけで楽してと言うか、最小限の努力と労力で『成功』できるようなものはなかったんだろうか?
ということである。
 かなり身勝手な話だ。苦労を苦労とも感じず、そのことをやり遂げる情熱と好きという感情を維持しつづけられる『なにか』がなかったんだろうか? だって?
 おそらく、『なにか』に対して僕が溢れる『才能』とやらをもっていたとしても、その『なにか』にまったく関心がなかったり、好きでないものだったら、僕はその『才能』をいとも簡単にドブに捨てたことだろう。いや、気づかないうちに、僕はそうやって生きてきてしまったのかもしれない。

 ということは、僕はなにごとにも一定の壁を乗り越えられずにきてしまったということだ。もしくは、壁を越えられなくても、それが好きだからそれをしていられればいいと開き直れるくらい好きなものを、見つけられてこなかったということかもしれない。
 なにも、プロ並みのレベルに達しなければいけないとか、そうならなければ楽しめないわけではないはずだ。
 目的はなんなんだろう? プロ並みになることなのか、それとも『なにか』を楽しみたいということなのか。またしても、堂々巡りだ。いや、袋小路と言うべきだろうか。

 振り返って思うに、決定的に欠如していたのは、『持久力』だ。
 なにごとにも『持久力』は大事。
 『持久力』とは、昨日までの成長を今日につなげることであり、それができるからこそ、成長はまた昨日から今日、明日へとつながっていく。
 と、わかってはいるんだけれど、それがうまくできないままきてしまった。努力と労力は、プツリプツリと分断され、成長につながるどころか、死屍累々、いつしか細切れな無駄な努力と無駄な労力となり果ててしまってきた。
 というわけで、結論は、『持久力』が大事ということに尽きる。
 言っておくけれど、安易に、『才能』に頼ってはいけない。『才能』がないのに、『才能』があればなぁと、ないものねだりしても意味がない。
 だから、ね。
 『持久力』が、大事。

pakutaso

 - 僕がこっそり娘に伝えたいものシリーズ , , ,

Comment

  1. ピンクの目の猫 より:

    失敗ばかりして心が折れそうになってどうしてこんなにできないのだろうと自己嫌悪に陥りそうになった時、偶然、こちらのページにたどり着きました。
    頭ではわかっているはずなのに、焦りが出てなかなか気持ちが着いて来ない。はたして私がしている努力は正しい努力なのだろうかなどと自問する日々を過ごしておりました。
    何事も自分の実力以上のものは見えないもの。結果にとらわれず努力を続けていくことに意義があるのだと思い直しました。たどり着けるか着けないかにこだわらず持久力を維持していきたい、心にそんな変化が起こりました。
    こんなに共感できるブログに生まれて初めて出会いました。
    ことばの使い方がひどく美しいので、最初プロの方が書いていらっしゃると思っておりました。
    何かを読んでこんなに心が洗われたのは久しぶりです。
    出会いに感謝です、ありがとうございます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない

 夏休みも後半にさしかかった昼下がり、中学3年生になる娘と僕は、冷蔵庫でよく冷え …

no image
もしもあながたペーパーバックを丸々1冊読んでみたいと思うなら(1)(もしくは、僕が娘にこっそり伝えたいものシリーズ)

 もしも、あなたがペーパーバックを丸々1冊読み通してみたいなら、もしくは、僕の娘 …

夏の朝の、通りすがりの風景(父親は、娘に恋をする)

 田舎の国道を車で走っていると、歩道を歩く父と娘と思しき親子の姿が目についた。 …

no image
時間はある

 たとえば、僕の今日の予定が、午後2時から11時までの仕事だったとする。前日の就 …