深き海より、蒼き樹々の呟き

by 深海 蒼樹(ふかみ そうじゅ)

*

てっとり早く幸せな気分になるには…

      2019/01/20

yogurt-compressor

 勿論のこと、『こうすればあなたも幸せになれます』みたいな、そういう話ではない。
 でも、ふっと、ため息が洩れてしまう時や、あれもしなくちゃこれもしなくちゃと気持ちばかりが急き立てられて焦っている時、不条理な場面に遭遇してついイライラしてしまう時、怒りのあまり、近くにあるゴミ箱を力いっぱい蹴飛ばしたい時など、そういう、決して幸せではない時があるよね。
 理屈を言えば、幸せいっぱいな新婚カップルであったとしても、職場の昼休み、『大好きな夫と離れ離れの時間がツライ』と、新妻は小粒の涙を流しているかもしれない。
 そういう、決して幸せではなく、ちょっと気持ちが落ち着かなかったり沈んでいる時に、てっとり早く幸せな気分になる方法ということだ。

 別段新しいことを、僕が、発見したわけではない。
 ご存知の方は、声をそろえて、ご一緒に。

 おいしいものを食べましょう

 ただ、それだけのことだ。

 コンビニで買ったプリンでもいいし、昼に食べ残したおにぎりでもいい。
 誰かにもらったままポケットに入れっぱなしだった割れたビスケットでもいいし、いれたてのお茶の一杯でもいいかもしれない。

 経験から言って、『おいしさ』にこだわらなくても、たくさん食べて満腹になってしまえば、それなりに気持ちは落ち着く。
 けれど、満腹とか、ならなくていい。そんなことをしてしまうから、退院から4年半で、体重が10kg増えてしまった(重症急性膵炎(8)—僕の病気)なんていう話を、以前にも書かなくてはならない事態に陥ってしまっている。
 つい先日の健康診断でも、体重を二回測定しなおされてしまった。前年に比べて、4kgも増えていたから、測定間違いを疑われたようだ。

 だから、

おいしいものを食べましょう

 たくさん食べなくても、『あっ、おいしい』と思わず声をあげたり、手に持ったスプーンやフォークや箸が一瞬止まるくらい、『おいしい』と思えるものを、少し食べればいい。
 大切なのは、その『おいしい』と感じる心だし、その心を失っていたことに気づくために、時間の流れを一瞬だけぷっつりと止めてやることだと思う。

 そんな高級なおいしいものばかり集められないよ、と、『おいしい』ものよりも、『満腹感』を求めようとする僕自身が異議を唱える。
 たとえそれが安物のクッキー1枚であっても、勢いにまかせて丸ごと口に入れてしまわずに、1枚100円のクッキーを扱うかごとく、せめて半分に割ってゆっくりと食べてみればいい。
 そして、その半分のクッキーがきれいに口の中から消えるまでは、なにも口の中に入れてはいけない。
 そして、あれこれと考えたり、思い出してはいけない。そのクッキーの味のことだけを、考えよう。

デパ地下スイーツ特集 by Amazon   

 - 日記みたいなもの , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

no image
佐伯一麦の『渡良瀬』を、たぶん、いつか、買うんだろうな

 新聞を読むという習慣がなくなって、かなりになる。かれこれで言うと、25年くらい …

no image
重症急性膵炎(6)—僕の病気

 次回の通院日まで、1ヶ月を切った。  そろそろ、発症から4年と半年近くになる。 …

no image
「寒くなると、古傷がうずくぜ」というのは、どうやら本当らしい

 昨日と言い、今日と言い、僕のお腹にある、胆嚢全摘出手術による全長18cmの傷が …

真夜中の風呂場で、頭を洗っていたら、誰かが僕に囁いたんだ—僕の「ありがとう」とあなたの「ありがとう」、もしくは、僕の「ごめんなさい」とあなたの「ごめんなさい」について

 別段、なにかを考えていたわけではなかった。深夜遅く、風呂場で髪をごりごり洗って …