深き海より、蒼き樹々の呟き

by 深海 蒼樹(ふかみ そうじゅ)

*

iPhoneならね

      2013/12/04

iphone5s

 スマホをiPhoneに変えて、2週間ほどが経った。
 2年前は、すごくiPhoneにしたかったのだけれど、auからiPhoneは出ないとの情報を鵜呑みにして、待ちきれずにXperiaを買ったのが、初スマホだった。
 あれから、時は経ち、今回iPhone5Sが出て、分割払いの縛りも解けて、意気揚々とiPhoneの獲得に乗り出すものと思いきや、自分でも意外なほどに冷静だった。
 なんか、まぁ、Androidであろうと、iOSであろうと、まぁ、まぁ、そんな大差はないかなと言うか、iPhoneでしか使えないアプリっていうよりは、Androidでも両方使えるアプリが増えてきたっていうのもあったし、おそらく、スマホというもの自体に少々飽きてきたと言うか、関心が薄くなったと言うか、そうだ、関心と言うよりも、感動が薄くなったって感じ。
 なもんで、あんまり乗り気でもないままに、それでも、やっぱり変えるならiPhoneだよな、って感じで予約をした。

 予約したのが、近所の田舎のauだったせいか、入荷の連絡が来るまでに1ヶ月かかった。なんなら、年を越してくれてもいいよってくらい、期待してなかったので、10月中に入荷の連絡があって焦ったくらいだった。
 初めて手にしたiPhoneは、思った以上に、本体が軽くて驚いた。
 MacBookProが、逆に、思った以上に重たくて驚いたという経験があったもんだから、今回も、薄くて小ぶりでも、きっと重いんだろうなと、思ってた。小ぶりな分、ずっしりと来ると思って持ってみたら、「え?」って、拍子抜けした感じ。
 でも、まぁ、感動したのは、その程度で。機種変したその日に、鬼のようにカスタマイズしまくりってことは、なかった。
 どちらかと言えば、放置していたほどだ。

 けれど、少しずつ、あっ、やっぱ、iPhoneなんだな、という思いが膨れつつある。
 キャリアメールの振り分けや、差出人表示など、不満ブーブーだったこともあったし、iPhoneなのに、これができないなんて…、って、自分の目を疑ったこともあった。
 しかし、ここにきて、自分の手の中にあるのがiPhoneであることが、妙に嬉しくなりつつある。
 今更ながらに、iPhoneに感動していると言うか、とりたててこの機能がいいとかそういうことでもなく、なんだか気分がいい。

 iPhoneならね。
 そう、まさしく、iPhoneだから、気分がいいのだ。
 『可能性』という言葉を、iPhoneは、僕に思い出させる。
 そして、Hello World!という、言葉も。

 おかしなものだけど、手に入れて2週間がたってはじめて、僕は、喜びを感じている。
 それも、静かな、静かな、喜びだ。
 なにかに繋がっているような、何かに向かって開かれているような、確かな、手応え。
 きっとそれは、Android機でだって感じられるものではあるんだろうけど。
 僕は、やっぱり、iPhoneがいいや。というか、生まれて初めて買ったパソコンが、AppleのPerformaだったせいもあってか、Apple製品を手にしていると、特別な感慨を僕にもたらしてくれる気がする。

 - 日記みたいなもの

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

生まれて初めての草レース(観戦編)

 2017年3月5日、はりちゅうこと播磨中央公園で行われる草レースが僕のデビュー …

no image
失敗はたくさんした方がいいと、50歳にして思うこと

 僕は、失敗をしたくないと、ついつい考えてしまう人間だ。だから、伸びない。もしく …

福田は考えるまでもなく、補助線を描いて、ニッコリと笑った

 いまさら言うまでもなく、僕は、数学とういものが苦手だ。  それは、試験の点数を …

てっとり早く幸せな気分になるには…

 勿論のこと、『こうすればあなたも幸せになれます』みたいな、そういう話ではない。 …