深き海より、蒼き樹々の呟き

by 深海 蒼樹(ふかみ そうじゅ)

*

人間とは、思いやりで、できた動物だ

   

 人間とは、いかなる環境やものにでも、いつかは慣れてしまう動物だと、高校の世界史の大西は、僕らに言い放った。

 そうだ、発端は、授業中だった。
 話の流れは忘れたけれど、
 『オレ、実は、学生結婚だったんだ』
と、当時30代半ばだった大西が、言い出した。
 それを聞いた僕らは、『学生結婚』というひとことから、一気に下衆で下半身的な妄想へと暴走し、
 「大西〜、てめぇ、学生の頃からやりまくってたのかぁー」
と、責め立てるように、大西を囃し立てた。

 だって、僕は、17歳で、女の子の唇さえ知らなかった頃の話だ。
 そして、そんな僕らに対して、大西が放った、大人としてのひとことが、
 『人間とは、慣れる動物だ』
という名言だった。
 しかも、童貞ぞろいの男子高校生だった僕らに対して、
 『あんなもん、結婚3年目くらいでとっくに飽きるわ』
とまで言い放ったのだ。
 勿論のこと、若き妄想の虜であった僕らは、
 『大西〜、もう、飽きるほどやったんかぁ〜』
という、更なる、妬みまみれの妄想をかきたてたのだった。

 というわけで、僕も、大西の真似をして、『人間とは…』と、語ってみようと思った。
 それが、
 『人間とは、思いやりで、できた動物だ』
だった。
 ただ、それだけの、話。
 あとの話も、先の話もない。
 ただ、それだけで、ただ、それでいいじゃないか、という話。

 人間という動物は、思いやりでできている。



 - 日記みたいなもの

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

no image
凍てついた夜に

 そろそろと、本格的な冬になろうとしている。勿論、そんなことは日本全国共通なこと …

no image
「文系」の僕に突き刺さった、ハッカーたちの言葉

 ハッカーと呼ばれる人々、もしくは、広義におけるプログラマーといった人々を、羨ま …

『初恋の人の名前を検索してみたことがありますか?』—早瀬 耕 「未必のマクベス」を読む

 文庫本の帯に書かれたその一文がなければ、本屋に平積みされた幾多の本のなかからそ …

僕と娘が、万年筆なら、カクノとLAMYを推す理由

 僕が、万年筆を使いはじめた歴史は、ごくごく短い。1年にも満たないくらいだ。   …