深き海より、蒼き樹々の呟き

by 深海 蒼樹(ふかみ そうじゅ)

*

加藤はいね、見つけた!

      2014/12/26

加藤はいね

 以前に、『不活性で怠惰なワタシの肉体の神秘』という、変な名前のブログがあった。それは、30歳過ぎの、加藤はいねという、処女看護師が書いている、むちゃくちゃ面白いブログとして、有名だった。
 当時そのブログは、FC2のサーバーを使用していたのだけれど、なんだか、サーバーが安定しないのか、更新がおかしいなぁなんて思っていると、突如、消えてしまっていた。
 あれから、どれくらいの日々が過ぎていたんだろう?
 正直なところ、日々の忙しさにかまけて、僕は、加藤はいねという名前すら忘れかけていた。
 ところが、今日、僕のfacebookのニュースフィードに、友達がおもしろブログ記事をポストした。それ自体はよくあることで、タイトルに釣られて飛びつくこともあれば、今日みたいに、数人の友だちがそのポストにコメントしていたり、リンクをシェアしたりして、みんなの高評価を確認してから見に行くこともある。

 ちょっと今日の場合は、すぐに飛びつくわけにはいかなかった。
 なんせ、タイトルがあまりにも意味不明だったから。
 風よ!炎よ!雷よ!我が剣となって、この悲しみの大地に処女を貫け!ゴゴゴゴゴゴッ!
 つーか、これが、タイトルだってことが、まずわからないわ。
 しかも、それがタイトルだとわかったら余計に、まともな大人は、そんなタイトルの記事を読みにいかないよね、たぶん。
 まぁ、自分が殊更に、まともな大人だとも思ってないけどね。思ってないけれど、これはちょっと寄りつきにくいよ。
 だって………、
 『処女を貫け』って…。
 『ゴゴゴゴゴッ!』って…。
 50歳のおっさんが、そうそう無分別に飛びつくわけには、いかないよ。これでも一応、妻も子もある身だし。

 でもまぁ、勇気をだして、そのリンク先を訪ねて、読みだしたわけです。
 日頃からなにかあれば、とりあえずは、見てみようというか、ある意味では馬鹿でもいいからみなさんの踏み絵になろうと言うか、自称アーリーアダプターだって格好をつけてもいいし、単なる思慮浅いお調子者でもいい。
 試してもみずに、知りもしないのに、何をか言わんや、つーの。

 で、読みすすめていくうちに、「ん?」って、なってきたわけ。
 そりゃあ、「ん?」って、なるよね。これだけ特徴のある文章だし。
 「ん?」どころか、「おやおや」とか「これは、もしや」みたいな。
 んで、昼休みの休憩室で、スマホの画面見ながら、我慢しきれずに声だして笑ってしまったよ、職場ではダンディーが売りの僕も。

 そもそも、加藤はいね、なる人物の、なにもわかっているわけではない僕ではあるのだけれど、徐々に徐々にこみ上げてくるこの再会の喜びを、どう伝えればいいのだろう。
 つーか、すでに、職場でも、加藤はいね、復活してたよと、言いふらしたあとではあるけれど。
 どうやら、昨年の11月あたりに、はてブで活動を再開したようです。以前の作品も随時引越し予定のようなので、あの名作・旧作にも再び会えるかも。

 この先、加藤はいねが、どんな道を歩んでいくのかはわからないが、とにかく、おかえり。
 僕は、また、君の文章が読めて素直にうれしい。

風よ!炎よ!雷よ!我が剣となって、この悲しみの大地に処女を貫け!ゴゴゴゴゴゴッ! by 加藤はいね

【関連エントリー】
 加藤はいね、ブログ週刊化決定?
 クリスマスの夜に、やっぱり加藤はいねには、彼ができたんではないかと邪推する

 - ひとりごと, 加藤はいね ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

no image
『間違ってもいいよな』ってことを、1000円のカクノから学ぶ日々について

 どうでもいいことを、好きなように覚え書きしておきたいという衝動が抑えきれずに、 …

no image
秋を楽しむ

 天気のいい日がつづいている。暑すぎることもなく、寒すぎることもなく、長袖のシャ …

no image
『立花隆の書棚』を買う

 僕は、現在、本屋と呼べるような本屋が、自宅から半径30km圏内にないようなとこ …

no image
傘はあるけど…

 今年の梅雨は、早々と梅雨入り宣言がされたにもかかわらず、雨が少なくて、楽しみに …