深き海より、蒼き樹々の呟き

by 深海 蒼樹(ふかみ そうじゅ)

*

いまは、もう秋でいいのかな…

   

kosumosu_uekara

 朝食をすませて、Macの電源を入れ、メールやRSSをチェックしていると、Tシャツ一枚では寒く感じられる朝だった。なにかを羽織った方がいいのかな、このままじゃ風邪ひくかなと考えていると、押し入れの中に仕舞われた秋冬物の、スウェットパーカーの着心地が、一種の懐かしさを伴って思い出されてきた。

 寒さを凌ぐだけなら、長袖のシャツを羽織るなり、着込んでもいいんだけれど、パーカーの少し重くてごわっとした感じだとか、Tシャツの上から直接着込んだ時の内布の柔らかい感触が、妙に心地いいように思われた。よくよく考えてみると、毛布にくるまった時のような、包まれてるっていう感じを、僕は欲しているのかもしれない。もしくは、薄着で毛布にくるまれて寝ているときの、あの心地よさを求めているのかもしれない。

 そう言えば、まだまだ、残暑かと思っていた1週間前にも、通りすがりの道端に、コスモスの花がすでに見事に咲いていた。
 3日ほど前から、うちの飼い猫が、夏の間は見向きもしなかったキャットハウスで、丸まって寝ている。
 そして、僕は、ほんの少し、感傷的になっている。

 だから、たぶん、いまは、もう秋なんだろうな。

 - ひとりごと

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

no image
せめて、暇つぶしの役に立てたなら

 あなたは、どんな理由があって、ブログを開いてその記事を読むんだろう?  ひとつ …

no image
コンビニのバイト店員が、嫌いだった頃の話

 珍しく、2日つづけて、コンビニを利用した。ここで僕が言うコンビニとは、Fァミリ …

現代を芸術家がどう生き抜いているのかについて—会田誠の言の葉より

 きっかけは、単純に、会田誠さんの文章を読んだことだった。  会田誠 色ざんげが …

カテーテル検査よ、やはりお前もかぁ…って話(1)

 ずっと書いてきたとおり膵臓は相変わらずなわけなんだけれど、今度は心筋症の疑いと …