深き海より、蒼き樹々の呟き

by 深海 蒼樹(ふかみ そうじゅ)

*

恋しくて – TEN SELECTED LOVE STORIES

      2015/10/01

loves

 Amazonから、メールが届いていた。それ自体は、いつもの、購入履歴からのリコメンドであり、別段珍しいことでもない。しかし、今回のメールは、一瞬、僕の目をそこに釘付けにした。だって、そのメールは、僕のメールボックスの受信トレイの中に、こんな風に並んでいたのだから。

 村上春樹の新刊 恋しくて – TEN SELECTED LOVE…

 「村上春樹の新刊」という文字を見たときには、(えっ? もう新刊が出るの?『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』が発表されたのは、ついこの間の、今年の春だったというのに)と、素直に驚いた。

 しかし、Amazonの詳細説明を読んでみると、その内容は、

  村上春樹が選んで訳した9編のラブ・ストーリー + 書き下ろし短編小説

ということらしい。

  • マイリー・メロイ 「愛し合う二人に代わって」
  • デヴィッド・クレーンズ 「テレサ」
  • トバイアス・ウルフ 「二人の少年と、一人の少女」
  • ぺーター・シュタム 「甘い夢を」
  • ローレン・グロフ 「L・デバードとアリエット」
  • リュドミラ・ぺトルシェフスカヤ 「薄暗い運命」
  • アリス・マンロー 「ジャック・ランダ・ホテル」
  • ジム・シェパード 「恋と水素」
  • リチャード・フォード 「モントリオールの恋人」
  • 村上春樹 「恋するザムザ」(書き下ろし)

 残念ながら、僕が最初にそんなはずはないと思いながらも、心の底ではかすかに期待した、長編小説の新刊本が出るということではないようだ。

 しかし、だ………。それにしても…、『恋しくて』って………、なんだろう?
 僕は、どうしたら、いい?

 まぁ、それが、村上春樹の長編小説のタイトルでないことがわかって、多少ホッとしたとは言え…、それでも、どうなんだろう?
 それが、彼が選出して翻訳した短編集のタイトルであるとしても。どうなんだ?

  『恋しくて』

 なんだか、CDのジャケットタイトルでは、よく見かけたような気がする。

  • 『恋しくてー恋人たちのバラッド特集』
  • 『メロディアスジャズ:恋しくて』
  • 『癒しのオルゴール:恋しくて』
 CDショップの店頭に置かれた、コンピレーションアルバムを集めたセール用のワゴンの中で、よく目にするようなタイトルだ。

 たとえば、

  恋しくて – TEN SELECTED LOVE STORIES

の、STORIESをSONGSに変えて、

  恋しくて – TEN SELECTED LOVE SONGS

としても、なんの違和感もないくらいに、陳腐だ。
 そして、その陳腐さは、あまりにもなんの変哲もない、陳腐の2乗、陳腐な陳腐さだ。

 別の言い方をしよう。このタイトルが僕にもたらしたものは、一抹の口惜しさを伴う違和感だ。こんなにもなんのざらつきも感じさせない、動揺も、心の波紋も起こさない、のっぺらぼうな言葉に対する違和感。
 少なくとも、それは、村上春樹の本なのだ。たとえ、それが、コンピレーションアルバムならぬ、村上春樹が選んだ作家たちの短編小説のコンビレーションブックであったとしても。

 ほんとうに、このタイトルでいいんだろうか?
 ほんとうに、このタイトルしかなかったのだろうか?

  恋しくて – TEN SELECTED LOVE STORIES

 なんだか、僕は、とっても残念な気がする。

関連記事 村上春樹では、泣けない

 - , 村上春樹 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

冷蔵庫
たとえそれが冷蔵庫の説明書であってもーー理想の文章について

 ブログをはじめて、8ヶ月が過ぎ、2013年としては半年が過ぎたことになる。   …

ルーシー・リーの不意打ち(Casa BRUTUS 10月号)

 せっかくはるばる来たのに欲しいと思うものがないのが口惜しくて、僕はすでに見た棚 …

高校3年生の娘とシャガと村上春樹の短篇集『女のいない男たち』

 「お父さん、私の部屋の花を見た?」  珍しく家族揃って夕飯をとっていた食卓で、 …

またしても、村上春樹の新刊のタイトルがひどかったので、これまでのタイトルを調べてみた

 前回の翻訳短篇集についても、恋しくて – TEN SELECTED LOVE …