深き海より、蒼き樹々の呟き

by 深海 蒼樹(ふかみ そうじゅ)

*

再開のお知らせ

      2013/09/13

blog

 ほんとうにながらくお待たせしました。なんて、大層な挨拶を書くほどに、このブログの熱心な読者がいるとは思えないのだけれど、それでも、なんだか申し訳ないほどに、長い間、書いてなかった気がする。
 8月に書けなかったのは、ひとえに、暑かったからだ。これが、一番、単純で大きな理由だ。
 そして、もう一つの理由をあげるとするなら、それは僕の怠慢であっただけのことだ。
 だが、しかし、9月に入ってから書けていなかったのは、9月に入って早々のブログ崩壊が原因だ。

 ちなみにこのブログは、WordPressなるCMSを使って、作られている。テーマを自作する力量はないので、テンプレートを拝借して使っている。
 そして、ある日、僕は、度重なる、『アップデート』のお誘いに、ついにのってしまったのだ。
 みなさんもこの『アップデート』には、苦い経験のひとつやふたつはあって、わかっていると思うのだけれど、この、世に言う『アップデート』というのが、くせ者なのだ。僕ら、素人は、とにかく『アップデート』と書いてあると、なんだかそれをしなくてはいけないような、『アップデート』しないままでいるということは、なんだか自分だけ時代から取り残されていくような、そんな不安を覚えてしまうものだ。
 しかしながら、世の中の『アップデート』が、すべていい『アップデート』ではないことを、僕らは経験上知っている。余計な『アップデート』とやらも、この世にはうようよと存在するのだ。
 と、思いながらも、ふと、僕の目の前にある『アップデート』ボタンは、よい『アップデート』をする『アップデート』ボタンかもしれない。そして、僕は、そのよい『アップデート』をする機会をみすみす取り逃がしつづけているのかもしれない…。と、余計なことを考えてしまったのだ。
 そして、ふらふらと、そんなに最悪なことにはならないだろうと、安易にそのボタンを押してしまった。

 

 ↑まぁ、こんな感じ、と言えばいいんだろうか。
 画面が、真っ白になって、すべてが消えた。もしくは、すべての画像と文字が、白く塗りつぶされたと言えばいいんだろうか。
 僕が、1年かかって作ってきたものが、『アップデート』ボタンを1回押しただけで。

脆く
儚く
瞬く間に
消えた

 まぁ、詳細は、いいとしよう。こうやって、また、書き出すまでに10日間近くの時間が必要だったってことだけで、僕の狼狽ぶりと、落胆ぶりと、意気消沈ぶりがわかってもらえると思う。
 現在も、いろいろと細かいところが思うようにいってなくて無性にイライラしたりもするのだけれど、とにかく、早く再開したかったのだ。早く、この場所に戻ってきたかったというか。

 なんでもいいから、新たなものをここにアップしたくて、この記事を書いている。
 細かいことは、とりあえずは、いい。追々、きっちりと修正していくことにしよう。

 

 大袈裟に、言わせてもらえば、

Hello World!

 さぁ、また、はじめよう!

 - ひとりごと

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

no image
せめて、暇つぶしの役に立てたなら

 あなたは、どんな理由があって、ブログを開いてその記事を読むんだろう?  ひとつ …

no image
あの頃の曖昧な記憶

 フランソワ・トリュフォーの映画のタイトルをもじったわけではないけれど、あの頃の …

冬の空と負け犬の遠吠え

 この兵庫県北部という土地にやってきて、早くも15年が過ぎていった。元々は、大阪 …

no image
時間はある

 たとえば、僕の今日の予定が、午後2時から11時までの仕事だったとする。前日の就 …