深き海より、蒼き樹々の呟き

by 深海 蒼樹(ふかみ そうじゅ)

*

「 僕がこっそり娘に伝えたいものシリーズ 」 一覧

なにかを成し遂げたいなら—才能、情熱、持久力、好きという感情—僕になかったもの

 またしても、どうでもいい話を書こうとしている。そういう自覚は、まだしっかりとも …

夏の朝の、通りすがりの風景(父親は、娘に恋をする)

 田舎の国道を車で走っていると、歩道を歩く父と娘と思しき親子の姿が目についた。 …

no image

もしもあながたペーパーバックを丸々1冊読んでみたいと思うなら(2)(もしくは、僕が娘にこっそり伝えたいものシリーズ)

コラム  この記事は、もしもあながたペーパーバックを丸々1冊読んでみたいと思うな …

no image

時間はある

 たとえば、僕の今日の予定が、午後2時から11時までの仕事だったとする。前日の就 …

no image

もしもあながたペーパーバックを丸々1冊読んでみたいと思うなら(1)(もしくは、僕が娘にこっそり伝えたいものシリーズ)

 もしも、あなたがペーパーバックを丸々1冊読み通してみたいなら、もしくは、僕の娘 …

no image

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない

 夏休みも後半にさしかかった昼下がり、中学3年生になる娘と僕は、冷蔵庫でよく冷え …

no image

僕と村上春樹と中学2年の娘へのクリスマスプレゼント

 最初に、村上春樹なる作家を、村上春樹と呼ぶべきか、村上春樹氏と呼ぶべきか、はた …